ダイソーの羊毛フェルトは不器用なママ、忙しいママにこそオススメ!

手芸全般が不得意なぶきっちょママです…。
そんな私が初めて羊毛フェルトに挑戦しました!意外にも簡単にできて、程良い作業に集中することで気分転換にもなりました。当記事では羊毛フェルトについてご紹介します。

羊毛フェルトとは

羊毛フェルトとは、羊毛で人形などを形作る手芸です。

素材である羊毛は細い糸状が束状になって販売されています。フェルト生地とは異なります。

形を作る方法は、ニードルと呼ばれる専用の針で刺すことで固めていきます。針で刺して固める、というのがイメージしにくいと思います。下の方で詳しく説明します。

材料は100円均一で揃う

まずは材料・道具を集めることから始めます。必要なものは100円均一で全て揃います。

 ・羊毛

  ・ニードル

  ・作業台(台所用スポンジで代用可能)

100円均一では、必要なものがセットになっているキットも販売されています。これなら、羊毛は必要な分だけになっていますし、ニードルも含まれているほか、見本や説明書も揃っているので、初心者でも簡単に始められます。

今回私が挑戦したものはダイソーで販売されていたキットです。

 

キットの他に用意するものがいくつか記載されていました。

・目打ち、ボンド、ペンチ

   これらは同封の目パーツやチェーンを取り付ける際に使います。羊毛フェルトの作業自体には必要ありませんので、とりあえず無しでも大丈夫です。

・ハサミ、定規

 これらは場合によっては使用するという程度です。

・羊毛フェルト専用マット

 これは専用の商品もありますが、台所用スポンジや厚めのウレタン緩衝材などで代用が可能です。

 

トイプードルを作ってみました

今回挑戦したのはトイプードルです。

パッケージに写っている見本はこちら。

ちょこんとお座りしたポーズがかわいいです。

中に入っている説明書通りに進めていきます。

・大まかな流れ

羊毛をパーツごとの分量に分けます。

パーツごとに形を作っていきます。

パーツ同士をくっつけます。

目鼻口などを付けて完成です。

パーツごとの分量に分けるのは、説明書の写真を見ながら目分量です。形を作る過程で大きさはある程度変えられるので、分量は適当で大丈夫です。

パーツごとに形を作るのがメインの作業となります。

ふわふわの状態の羊毛をクルクルと丸めていき、丸まったところをニードルでチクチク刺していきます。そうすることで、羊毛同士が絡まって固まるという具合です。

チクチクするときに机や手を傷つけないようにスポンジの上で作業をします。

チクチクしながら形を整えていくので、致命的な失敗は起こりにくいです。大抵のことはリカバリー可能なので安心して作業できます。

また、固まるまでに結構な回数チクチクするので無心で集中できます。

 

 

パーツごとの形が出来たらパーツ同士をくっつけていきます。くっつけるのもニードルでチクチクするだけです。

1、2回チクッとすれば仮留めの状態になるので、位置を確認しながら進めることができます。

最後は顔の造形です。

今回使ったキットには、プラスチックの目のパーツが入っていました。鼻は羊毛を小さく丸めて作り、口は羊毛をこより状にしてチクチク取り付けていきます。

個人的なこだわりで今回は目のプラスチックパーツを使わず、目も羊毛で付けることにしました。さらに、口の形も見本とは違う形にすることにしました。生意気にも初回チャレンジで見本に反発するなんて、我ながら余裕だなと感じました。

そして完成したのがこちら!

 

作業時間は2時間半。

初めての挑戦でしたが、説明書に記載通りの作業時間で完成しました。

よく見ると不恰好ですが、日頃の手芸経験ゼロであることを考えれば、合格と言っていいのではないでしょうか!

ニードルでチクチクするだけ 羊毛フェルトのまとめ

今まで様々なサイトでステキな手作り品の写真を見ては、自分は不器用だし、センスもないし、育児中の身で時間がないし、絶対ムリだよなぁと諦めていました。

しかし、100円均一で買い物中に偶然今回の羊毛フェルトのキットが目に留まり、衝動的に買って帰りました。

子供が外出中だったこともあり、作業はほぼ順調に進み、あっという間に時間が経っていました。こんなに自分1人の世界で集中したのは久しぶりだと思います。いい気分転換になりました。

しかも、形あるものが完成品が手元に残るというのも久々の経験のような気がします。大抵の家事や育児は形として目に見えませんし、毎日作っている料理は手元に残らないので…。久々の達成感は心地良かったです。

更に作りながら感じたのは、もし育児や家事などで細切れの時間で作業するとしても、作業を中断しやすい手芸だなということです。

その理由はまず必要な道具が少ないので準備や片付けが楽なことです。そして編み物のように目を数えたり、粘土のように途中で固まって困ることもありませんし、乾かすためにインターバルを設ける必要もなく、どのタイミングで中断しても、作業再開しても問題ないことです。

ということで、羊毛フェルトは不器用な方でも簡単にでき、時間のない方にもオススメです。

ぜひステキな作品を作ってみて下さい

あや

すごーく元気な2歳男児を育児中のアラフォーママです。子供に付き合っているうちに、乗り物や機関車トーマスに詳しくなってきました!平日は子供を保育園に預けて仕事をしています。休日は、子供といっぱい遊びたい気持ちと、休みたい気持ちとで毎週悩んでます。

関連記事

  1. STAY HOME企画 おうちワークショップイベント「おうちdeスイミープロジェクト」

  2. 子連れでディズニーリゾート【当日編・2日目】

  3. 大人も子どもも楽しめる!あぐりん村に行ってきました。

  4. 西宮夙川2020桜レポ 夙川さくら道をお散歩してきました

  5. 【静岡県川根本町】癒しの旅!温泉でSL列車を眺め、エメラルドグリーンに輝く寸又峡へ

  6. キャンプに手作りガーランド

  7. 【子どもの成長記録の残し方】写真整理におすすめのフォトブック

  8. 渦の道の遊歩道

    【徳島】鳴門の渦潮を見に行こう!

  9. 長門おもちゃ美術館外観

    【山口】リピート間違いなし!五感で楽しむ『長門おもちゃ美術館』




公式LINEはじめました!

友だち追加

最近の記事

  1. 渦の道の遊歩道
  2. 新宮中央駅







PAGE TOP