子育てもウーマンライフも楽しむママのための子育てコミュニティ

北海道ベイビーカフェ

【北海道】北海道森林管理局「ウッディホール」は無料で遊べる室内体験施設

札幌市にある北海道森林管理局には、木育できる遊び場「ウッディホール」があります。

「ウッディホール」はビルの1階にあるため、気付いていないママもいるかもしれません。

札幌市内でとても貴重な、無料で遊べる室内体験施設です。

赤ちゃんも安心して遊べるコーナーも完備。

種類豊富な木のおもちゃで遊べる「ウッディホール」をご紹介します。

ウッディホールがある北海道森林管理局とは

森林管理局の仕事は、簡潔に言うと、国有林(国が保有している森林)を守ることです。

国が保有している森林を守り、今後も緑を残していくため、全国各地に設けられています。

全国にある中でも、札幌市にあるのが北海道森林管理局。

森林について、気軽に楽しく学べる施設ですよ。

オフィスビルの中にある木の空間「ウッディホール」

「ウッディホール」は北海道森林管理局の1階にあります。

誰でも気軽に立ち寄り、木について学べる場所を、という思いから誕生しました。

オフィスビルの中とは思えないほど、開放的で木のあたたかみを感じる空間です。

展示は幼児から大人向けで、実際に手に取って見ることが可能です。

うちの子たち(1歳と6歳)は、図書コーナーがお気に入り。

子どもから大人まで、誰でも気軽に立ち寄れますよ。

木製玩具でたっぷり遊べる木育コーナー

木育コーナー

「ウッディホール」の中でも、特におすすめなのが木育コーナー。

赤ちゃんから幼児まで楽しめて、木のぬくもりを体験できる遊び場です。

木育コーナーは、靴を脱いで遊ぶカーペットの床です。

冬になると点くペレットストーブは、柵があるのでママも安心。

長椅子があり、ママは腰かけて子どもを見守れるのも嬉しいですね。

木育コーナー

木のおもちゃが揃っている無料室内施設は、札幌ではとても貴重。

室内施設は、雨や雪の日も遊べるので助かりますよね。

コロナウイルス感染防止のため、木育コーナーの利用人数は6名までとなっています。
(2022年8月時点)

木育コーナーが混んでいるときは、展示コーナーで楽しく順番を待てますよ。

行く前に知っておきたい「ウッディホール」情報

ウッディホール

開館は平日9時から16時(土日祝日は休み)

11時~12時は混みやすい時間のため、朝一番か午後から行くのがおすすめです。

予約は不要。入館後に受付を済ませてから遊びます。

1階奥の多目的トイレに、おむつ交換台とゴミ箱がありますよ。

展示コーナーの椅子で、水分補給が可能です(飲み物の自動販売機有り)。
(2022年8月現在 コロナウイルス感染防止のため、館内で食事はできません)

アクセス

北海道森林管理局は、中央区宮の森にあります。

宮の森小学校がある交差点付近で、わかりやすい場所ですよ。

特徴的なビルの外観と、大きな木の看板が目印です。

アクセス詳細はこちら

自家用車を使うとき
駐車場は6台分ほどありますが、関係者の方が使用するため、駐車できないことも。
近隣の有料パーキングに停めることをおすすめします。

北海道森林管理局(ウッディホール)
北海道札幌市中央区宮の森3条7丁目70番
公式HPはこちら

木に触れて学び楽しむ憩いの場

クマゲラと木のオブジェ

クマゲラと木のオブジェ

北海道の木が身近に感じられる「ウッディホール」。

赤ちゃんから遊べる無料室内施設は、ママの強い味方ですよね。

全身で木の感触を味わえる「ウッディホール」で、思いきり遊んでみませんか。

おすすめのお出かけスポットがあれば、ぜひコメントで教えてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


公式LINEはじまります

友だち追加

RELATED

PAGE TOP

LINE公式始めました!!

LINE会員限定情報をお届け中です★
LINE公式はこちら