【京都】伏見十石舟に乗ってきました

京都を代表する観光地と言えば、千本鳥居が美しい伏見稲荷大社ですね。でも今回は、そんな伏見のちょっと変わったスポットをご紹介します。

伏見の酒造りの歴史を体験する「伏見十石舟」

伏見には昔から、美味しいお酒を作る酒造会社がたくさんあります。

そのお酒を大阪へ運搬する手段として利用されていたのが「十石舟」です。

現在は観光舟として運航しているこちらに、今回は家族で乗船して来ました。

爽やかな風に吹かれながら川のお散歩

橋の下の船着き場から舟に乗り込みます。出航すると、伏見の酒造りの歴史などについて、放送や係の人の案内がありました。

小さな舟で水面が近く、爽やかな風が通り抜け、とても気持ちがよいです。子どもも水の上を進む様子にくぎ付けでした。
川は広くありませんが、緑の美しい季節でしたので両側に岸の緑が迫り、川面まで緑に染まって見えます。

風に揺れる柳の木を眺めたり、人々が行き交う橋を潜り抜けたりしながら、のんびりと川のお散歩を楽しみました。

資料館でちょっとお勉強

さて、赤い大きな門が印象的な三栖閘門(みすこうもん)で一旦下船し、三栖閘門資料館へ向かいます。

こちらでは、パナマ運河と同じ仕組みという三栖閘門について、かわいらしい動くジオラマで説明してくれます。わかりやすくて、子どもも、船や門が動く様子を楽しんで見ていました。資料館には15分程滞在し、帰りの舟に乗り込みました。
帰りは岸辺をお散歩している子ども達が手を振ってくれて、ほっこり。

50分ほどの小さな船旅になりました。

伏見の穴場的スポットでのんびりした時間を

伏見十石舟の乗り場は月桂冠大倉記念館の近くです。周辺には他にも酒造会社がたくさんあります。伏見稲荷大社からは距離が離れていますので、穴場スポットかもしれません。のんびりした時間を過ごしたい方、伏見の小さな舟の旅はいかがでしょうか?

伏見十石舟

運航期間:2020年6月20日(土)〜12月6日(日)の期間(8月の運航は8月1日〜16日(月曜運休))
運休日:毎週月曜日(祝日を除く。ただし、4・5・10・11月は月曜日も運航)
料金:大人1,200円/小人600円(小学生以下)
所要時間:約50分(往復)
乗船場:月桂冠大倉記念館裏河川沿い

※実際の運航状況等は施設に直接お問い合わせください。新型コロナウイルスの影響等で状況が変わることも考えられます。お出掛けの際は感染防止にご配慮下さい。

アバター

モコ

観光好きな夫と娘と、京都に引っ越してきました。
京都に暮らしているとはいえ、まだ観光気分。これから家族で色々な京都を楽しみたいと思っています。

関連記事

  1. シァル桜木 蒸気機関車

    【神奈川/横浜】もう行った?桜木町駅直結「シァル桜木町」に蒸気機関車やジオラマが無料で楽しめるよ

  2. 光る絵本展とおもちゃ箱列車 神戸市営地下鉄のイベントに行ってきました

  3. 武雄市こども図書館

    【佐賀/武雄】武雄ってこんなところ!おすすめの観光コースをご紹介

  4. 東京駅で「電車×ハロウィン」キャンペーン開催中!グランスタ&八重洲地下街情報2018年10月

  5. 【兵庫・高砂】胸キュン♡たまごパッケージ 限定品を入手!

  6. 元町商店街の元町夜市は大人もワクワクする屋台あり 【お出かけ情報】

  7. 神戸大丸でドラえもんとムーミンのイベント開催

  8. 絵本作家 せなけいこ展「ねないこだれだ」など想いいっぱい

  9. 【埼玉】いつの間にか大人も夢中になってる鉄道博物館

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




公式LINEはじめました!

友だち追加

最近の記事







PAGE TOP