【京都】伏見十石舟に乗ってきました

京都を代表する観光地と言えば、千本鳥居が美しい伏見稲荷大社ですね。でも今回は、そんな伏見のちょっと変わったスポットをご紹介します。

伏見の酒造りの歴史を体験する「伏見十石舟」

伏見には昔から、美味しいお酒を作る酒造会社がたくさんあります。

そのお酒を大阪へ運搬する手段として利用されていたのが「十石舟」です。

現在は観光舟として運航しているこちらに、今回は家族で乗船して来ました。

爽やかな風に吹かれながら川のお散歩

橋の下の船着き場から舟に乗り込みます。出航すると、伏見の酒造りの歴史などについて、放送や係の人の案内がありました。

小さな舟で水面が近く、爽やかな風が通り抜け、とても気持ちがよいです。子どもも水の上を進む様子にくぎ付けでした。
川は広くありませんが、緑の美しい季節でしたので両側に岸の緑が迫り、川面まで緑に染まって見えます。

風に揺れる柳の木を眺めたり、人々が行き交う橋を潜り抜けたりしながら、のんびりと川のお散歩を楽しみました。

資料館でちょっとお勉強

さて、赤い大きな門が印象的な三栖閘門(みすこうもん)で一旦下船し、三栖閘門資料館へ向かいます。

こちらでは、パナマ運河と同じ仕組みという三栖閘門について、かわいらしい動くジオラマで説明してくれます。わかりやすくて、子どもも、船や門が動く様子を楽しんで見ていました。資料館には15分程滞在し、帰りの舟に乗り込みました。
帰りは岸辺をお散歩している子ども達が手を振ってくれて、ほっこり。

50分ほどの小さな船旅になりました。

伏見の穴場的スポットでのんびりした時間を

伏見十石舟の乗り場は月桂冠大倉記念館の近くです。周辺には他にも酒造会社がたくさんあります。伏見稲荷大社からは距離が離れていますので、穴場スポットかもしれません。のんびりした時間を過ごしたい方、伏見の小さな舟の旅はいかがでしょうか?

伏見十石舟

運航期間:2020年6月20日(土)〜12月6日(日)の期間(8月の運航は8月1日〜16日(月曜運休))
運休日:毎週月曜日(祝日を除く。ただし、4・5・10・11月は月曜日も運航)
料金:大人1,200円/小人600円(小学生以下)
所要時間:約50分(往復)
乗船場:月桂冠大倉記念館裏河川沿い

※実際の運航状況等は施設に直接お問い合わせください。新型コロナウイルスの影響等で状況が変わることも考えられます。お出掛けの際は感染防止にご配慮下さい。

モコ

観光好きな夫と娘と、京都に引っ越してきました。
京都に暮らしているとはいえ、まだ観光気分。これから家族で色々な京都を楽しみたいと思っています。

関連記事

  1. 高砂来て民家 イベント 風流 納涼展

  2. 渦の道の遊歩道

    【徳島】鳴門の渦潮を見に行こう!

  3. alt

    【伊勢志摩】パワースポット好き必見!白滝大明神の滝行体験に行ってきました。

  4. 丹波篠山今田 丹波立杭焼 陶の里(すえのさと)へ行ってきました!

  5. 善光寺のおすすめのおみやげ処と甘味処は?長野県民のおすすめをチョイス!

  6. 野外炉

    【大阪・堺】大泉緑地で「セミの抜け殻探し」をしました

  7. 関西大学梅田キャンパス

    【大阪】ロボットプログラミングに挑戦!T-KIDS梅田の「あそまなびDay2020」に参加しました。…

  8. リンゴの品種は何種類??どれだけ言える??

  9. 『オープンKIITO 2017』

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




公式LINEはじめました!

友だち追加

最近の記事

  1. 渦の道の遊歩道
  2. 新宮中央駅







PAGE TOP