絵本作家 せなけいこ展「ねないこだれだ」など想いいっぱい

『ねないこだれだ』や『いやだいやだ』の作者として知られる絵本作家せなけいこさんの展覧会へ行ってきました。

今回の展覧会は、かわいいお化けのキャラクターで親しまれる代表作「ねないこだれだ」の誕生50周年を記念して、全国で開催されているイベント。

子供が興味をもったお化けなどもモチーフにしたり、子育てに奮闘する中で、「絵画より子育ての合間にも作品作りに向かいやすい」と貼り絵の絵本作りを始められたそう。

キャラクターのなんともかわいい洋服の絵柄は、近くの和菓子屋さんの包装紙から切り抜いて使われていたり、貼り絵の絵本で表現されてきた子育てママのあったかい想いがいっぱいの原画展でした。(展覧会内は撮影不可)

会場には、絵本コーナーや楽しい仕掛けもあり、子供たちも楽しめる空間でした。
せなけいこさんのグッズはもちろん、チャリティーになる缶バッチつくりもありました。

せなけいこさんは私にとって、母が何度も読み聞かせてくれていた思い出のシリーズで、読み聞かせが苦手な私にとっても手にしやすく、子供たちが小さい時によく読んであげた、お気に入りの絵本シリーズです。

開催を知って、絶対に行きたいと楽しみにして行きました。

2019年12月の新作の先行販売もありましたよ。野菜や魚やお買い物が楽しくなりそうな本ですよ。

「いらっしゃい」童心社
単行本: 19ページ
出版社: 童心社 (2019/12/24)
ISBN-10: 4494015695
ISBN-13: 978-4494015696
発売日: 2019/12/24

>Amazonで「せなけいこ」絵本をみる

せなけいこ プロフィール

1931年、東京都生まれ。童画家の武井武雄に師事して絵を学びながら、「貼り絵」を表現技法として見いだす。カット絵や幻燈、紙芝居などの仕事でキャリアを積み、1969年「いやだいやだの絵本」(福音館書店)4冊シリーズで絵本作家としてデビュー。代表作に、「あーんあんの絵本」(全4冊・福音館書店)、「おおきくなりたい」(全4冊・偕成社)、「めがねうさぎ」シリーズ(ポプラ社)、「おばけえほん」シリーズ(童心社)などがある。
※せなけいこ展覧会公式サイトより引用

せなけいこ「ねないこだれだ」誕生50周年記念展覧会は、神奈川、愛知 、大阪の次は広島。
今後、そのほかの地域でも開催が追加で決まってきそうですよ。
まだ見れていない方も楽しみにしててくださいね。

 

地域コミュニケーター 小山田紘子

読者モデルから販促PRプランナーへ。神戸在住2児の子育てをする地域コミュニケーター。女性の在宅ワーク・女性起業セミナーを担当しつつ、地域を笑顔にすることをライフワークに活動中。
マイブームはダイエットと介護。17kgのダイエットに成功し、保育士と介護士にも挑戦中。
週末起業家フォーラム特別会員
ママプロラボ理事 神戸ベイビーカフェ主宰
ピーアールストーリー代表
https://happyofks.com/
https://kprstory.com/

関連記事

  1. 【山形】山形県でオススメの子連れ観光スポット!「道の駅寒河江 チェリーランドさがえ」をご紹介!

  2. 糀甘酒クリーム豆乳パンを実食!【コープこうべ新商品】

  3. 東京駅で「電車×ハロウィン」キャンペーン開催中!グランスタ&八重洲地下街情報2018年10月

  4. 【北海道】雨の日でも大丈夫!札幌市で子どもと楽しめる新さっぽろ!

  5. 神戸大丸の無料イベント『プロカメラマン撮影会』に参加してきました!

  6. 2016年阪神御影のハロウィンイベント★ハロウィンイベントに参加してみよう!!

  7. 神戸大丸でドラえもんとムーミンのイベント開催

  8. 水産学習館

    【群馬県】川遊びも楽しめる!群馬県最北の道の駅「水紀行館」がオススメ。

  9. 子連れでディズニーリゾート【当日編1日目】




公式LINEはじめました!

友だち追加

最近の記事

  1. アンパンマンミュージアム
  2. ハンバーグランチ







PAGE TOP