【寝かしつけオススメ絵本】定番から若槻千夏の絵本もママに人気の絵本まとめ

2歳の子供の寝かしつけに毎晩苦労しているママです。

寝かしつけといえば、絵本の読み聞かせが良いとよく聞きます。これは、遊びタイムから睡眠タイムへの気持ちの切り替えのきっかけになるとともに、ママの声やお膝でリラックスした状態になる効果があるようです。

そこで、眠りに誘うことを目的として、主人公が最後に寝るストーリーの絵本を探してみました。

1.ノンタンおやすみなさい(偕成社)


ノンタンシリーズは絵本の読み聞かせの定番中の定番ですよね。夜になっても元気なノンタンがお友達のお家に遊びに行きますが、みんなねんね。ふくろうくんが遊んでくれますが、外が暗いため転んで汚れてしまうノンタン。最後はお家に帰ってお風呂に入ってから布団でねんねします。
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4032170207″ title=”ノンタンおやすみなさい (ノンタン あそぼうよ2)”]

2.おやすみ クマタン(主婦の友社)


クマタンは若槻千夏さんプロデュースのキャラクター。各シリーズはどれも可愛くて揃えたくなります。夜にっても遊びたいクマタンが、布団に入って羊を数えてたり、タヌキ寝入りしたりしてるうちにだんだん眠りに入ります。ページが徐々に暗くなる演出がされていて、眠くなる様子が分かりやすいです。縦にめくるタイプで小さめサイズの絵本です。
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4074341581″ title=”おやすみクマタン”]

3.ねむたい ねむたい(福音館書店)


「なすびのこはねむたいよー ねむたいねむたい なすびのこ」と言うフレーズがお気に入りのお子さんも。なす、バナナ、かぼちゃ、そらまめが順番にこってんと横になって寝ていきます。1ページ毎の文字数が少なくキャッチャーな文章で、絵もハッキリとした色や形なので、小さい子が判別しやすいです。
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4834084213″ title=”ねむたい ねむたい (0.1.2.えほん)”]

4.もうねんね(童心館)


動物達が順番にねんねしていき、最後は女の子がお人形さんを寝かしつけて一緒に眠ります。絵は昔ながらの優しいタッチです。文章は縦書きです。
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4494001031″ title=”もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本)”]

5.こぐまちゃんおやすみ(こぐま社)


こぐまちゃんが自分で着替えや歯磨きをして、途中ちょっとあそびながらも、最後は絵本を読んでもらって、ぬいぐるみと一緒にねんねします。絵はビビットで小さい子も判別しやすいですが、少しページ数が多めで文字が小さめです。
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4772100377″ title=”こぐまちゃんおやすみ (こぐまちゃんえほん)”]

6.おやすみ~(くもん出版)


知育のくもんが出版している「しあわせいっぱい赤ちゃんの絵本」シリーズ。歯磨きを手伝ってくれる歯ブラシさん、お歌を聞かせてくれるピアノさん、おもちゃや身の回りの物におやすみを言っていき、最後は毛布をかけてもらってパパママと一緒にねんねします。今日も楽しい一日だったねと幸せな気持ちにで寝ようというどこか知育要素があるのも興味深いですね。 家族みんなを幸せな気持ちにさせてくれるこの絵本。
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4774323861″ title=”おやすみ~ (はじめてであうえほんシリーズ)”]

7.おやすみロジャー(飛鳥新社)


途中で寝落ちさせることも出来る「心理学的効果」も実証済みと言われるぐっすり魔法の絵本としても有名ですよね。眠れないロジャーが寝かせてもらうためにふくろうさんに会いに行き、途中「くたくた」や「眠くて眠くて」の状態になりながら家に着いて眠ります。寝かしつけ絵本として大変有名です。ページ数、文字数ともにかなり多めで、最後まで読み聞かせるというよりも、ゆっくりとした気持ちになりながらママも一緒に寝れるぐっすり絵本ですね。朗読用のCD付もあるようですよ。
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4864104441″ title=”おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本”]

寝かしつけにそもそも絵本!?我が家で効果的だった寝かしつけ方法

うちの子に効果があったのは1のノンタンでした。前半の元気な様子で笑い、後半の寝るところでゴロンとなり、ノンタンと一緒に気持ちの切り替えができたのかもしれません。
一方で7のロジャーは絵や文章がとっつきにくかったのか、つまらなそうに知らん顔。絵本はお子さんの相性があるようですよね。
ぜひお子さんとお気に入りの絵本を見つけて見てくださいね。大きくなったらきっと「親子の思い出絵本」になるはず。

そもそも読み聞かせで必ず寝かしつけられるというものでもありません。これも相性があるのではないかなと思います。
実はうちの子には、基本的には絵本は効果を感じませんでした。
寝る直前まで動き回って、エネルギーが切れたら寝るという感じです。
寝かしつけには絵本と思い込んで苦労しているママもいるみたいですね。
いろいろと試行錯誤しながら、お子さんに合う寝かしつけ方法を見つけて、大切な睡眠への導きと親子の大切な時間。一日の締めくくりをぜひ幸せな時間を親子で過ごしてくださいね。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4032170207″ title=”ノンタンおやすみなさい (ノンタン あそぼうよ2)”]
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4074341581″ title=”おやすみクマタン”]
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4834084213″ title=”ねむたい ねむたい (0.1.2.えほん)”]
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4494001031″ title=”もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本)”]
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4772100377″ title=”こぐまちゃんおやすみ (こぐまちゃんえほん)”]
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4774323861″ title=”おやすみ~ (はじめてであうえほんシリーズ)”]
[wpap service=”with” type=”detail” id=”4864104441″ title=”おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本”]

アバター

あや

すごーく元気な2歳男児を育児中のアラフォーママです。子供に付き合っているうちに、乗り物や機関車トーマスに詳しくなってきました!平日は子供を保育園に預けて仕事をしています。休日は、子供といっぱい遊びたい気持ちと、休みたい気持ちとで毎週悩んでます。

関連記事

  1. 簡単クリスマスデコレーション

  2. 叱ることを恐れないで!!

  3. ちょっと、一呼吸かも。 幼い子供でも 親から受けた理不尽な扱いは 意外と覚えているものです

  4. 武生中央公園

    福井で子供と遊べるオススメスポット 武生中央公園リニューアルオープン

  5. 【プレゼント】源泉かけ流しの大露天風呂「銀河の湯」ペア2枚入場入浴券

  6. プログラミング教育が必修に

  7. 出産祝い プレゼント 人気ランキング おむつケーキ

  8. 幼児期の運動が子どもの将来を左右する⁉︎

  9. ランドセル選びを成功させる方法




公式LINEはじめました!

友だち追加

最近の記事







PAGE TOP