離乳食は味つけに困ってませんか?薄味で何でも食べられます

「あ~今日も夕飯どうしようかな」と、夕飯のメニューに困る理由に、「好き嫌い」がネックになっているかともおおいのでは。
「主人は魚を食べないし、長男はピーマンが嫌いだし、長女はトマトとニンジンが嫌いだし、おばあちゃんは固いものが食べられないし」なんて言っていたら、なんだか何を作ったらいいのか、何を食べたらいいのか分からなくなっちゃいますよね。子供に好き嫌いがあると、食べさせようと四苦八苦したり、結局食べないからと食べさせるのをあきらめたり。親も子供も、とってもストレスです!
では、好き嫌いをなくしていくにはどうしたら良いのでしょうか。

離乳食時からが勝負!!

やはり小さいころからの食事が大事だと思います。そう、離乳食です。
我が家の子供たち(年中・小学二年)は、あまり好き嫌いがありません。別にあまり体格が良い方ではありませんが、何でもよく食べます。もちろん、食べつけないものは警戒しますが、給食も残さず食べているようです。私自身は、取り立てて特別なことはしていませんが、唯一思い当たるとすれば、離乳食のことです。
子供たちが離乳食を食べていたころ、離乳食作りが初めてだった私は、とにかく「本にある通り」基本に忠実にやっていました。「月齢にあった固さ、月齢にあった食材、味付けはほぼしない」が鉄則です。食物アレルギーが叫ばれている近年、初めて口にする食材は特に気を付けて、平日の昼間(何かあってもすぐに小児科に駆け込めるよう)に食べさせていました。自分で食材リストを作って、食べてくれた食材には○を付けて「この食材はクリアだわ!」なんてやっていたものです。

離乳食の味付けに困る初めての食材と離乳食のコツ

いろいろな食材を食べさせるのはもちろん、とにかく味をつけませんでした。カレーやシチューを別にすれば、2歳ころまで、素材の味のみで食べさせていたと思います。初めて口にする食材は必ず単品で食べさせていました。ニンジンなら、ニンジンのすりつぶしをスプーン1さじ、魚なら魚をペースト状にしたものをスプーン1さじ、と言った具合です。そうすることで、素材そのものの味を知ることができます。
とにかくじっと見守ること。離乳食期は、ふざけるわ、こぼすわ、食べないわ、ついイライラしがちですが、長い目で見てあげることが必要かと思います。子供は怒ると嫌な印象を受けてしまいますから、食事のたびに怒られていては、食事そのものが嫌いになってしまいます。それだけは、避けたいですよね。時間が無かったり、ついつい手伝ってあげたくなったりもしますが、なるべく自分でやらせてあげることが大事かと思います。

長男は、おはしの持ち方に苦労しました。ところが、長女は兄がおはしを持つさまを見ていたせいか、2歳半で初めておはしを持った翌日に、おはしを使いこなしていました。これにはさすがに家族全員、驚きましたが、自然に兄を見て学んでいたようです。子供ってすごいですね~。
いつも思う事ですが、子供の可能性は無限大!いまは「ピーマン嫌い~」と言っていても、親が諦めなければ、たとえ一欠けらからでも、少しずつ食べれるようになるはずです。「給食」という、親の目の届かない食事の時間が楽しいものになるか、憂鬱になってしまうのか。小さいころから好き嫌いを減らすことで、楽しい時間を増やしてあげまて親子で食をたのしんでくださいね。

ママプロラボ編集部

ママプロラボ編集部

「地域みんなで子育てする街づくり」をテーマに活動しているママプロラボ。地域で活躍するママプロデューサーさん、地元企業さまと一緒にママが安心して子育てもウーマンライフも楽しめる街づくり目指しています。ママに楽しい情報お待ちしています♪

関連記事

  1. ママのオススメ絵本

    赤ちゃんから読んであげたい 読み聞かせのオススメ絵本4冊

  2. フライパンでかんたん伊達巻

  3. 簡単!子どもとつくれるバレンタインレシピ

  4. 2018年ふれあい保育園まつり(松本市)に行ってきました

  5. 目標よりも、今だけの子育てを楽しもう

  6. スマホでカラダサイズが測定できるアプリ「mysizies」を試しました!

  7. 1歳2ヶ月はどんな時期について

  8. ヒルナンデスで火を使わないお灸『温灸器』が紹介される 毎日の健康づくりにハマる人急上昇中

  9. プログラミング教育が必修に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事







人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP