薬を使わず生理痛を和らぐ方法 最終回

今回で、「薬使わず生理和らげる方法」は、最終回です。

さて、最後の最後にですが、「生理は、何のためにあるんでしょうか?」

そうですよね。つなぐためにですよね。

ご先祖様から繋がる命。

動物の本能「種の保存」

授精して、着床して、命が育つようにと、子宮の中では、子宮内膜(ベッド)が、ふかふかに分厚くなっていきます。

妊娠しなければ、子宮内膜(ベッド)は、はがれ落ち、新しい子宮内膜(ベッド)が作られていきます。

このはがれた子宮内膜が、経血です。

妊娠しなければ、約28日周期で、次の生理がやってきます。

初潮から閉経まで、一生に、約400~500回の生理があります。

毎月、命つなぐために、淡々粛々と、生理と排卵が繰り返されています。

ひたすら、がんばってくれている子宮と卵巣思うと、とっても健気で愛しいです。

身体は、私たちのために生まれてから死ぬまで、一生懸命、がんばってくれています。

繋げるかどうかは、分からないけれど、子宮や卵巣は、命つなぐという役割ひたすら、がんばってくれています。

・最後に、子宮や卵巣に、意識向けてみましょう。

1、おへその下、指3、4本ぐらいの位置に子宮があります。
(おへそと股の間です)

2、そこに、両手重ねて、深呼吸繰り返していきます。

3、呼吸が、ゆったりしてきたら、「ありがとう」と、声かけてみましょう。

こうやって、時々、お腹に手あてて、子宮や卵巣に意識向けて、声かけてあげて下さいね。

自分の子宮や体に意識向けることは、自分大切にすることに繋がっていきます。

子宮や卵巣通して、自分大切にしてあげて下さい。

そうすることで、生理も和らいでいきます。

使わず生理和らぐ方法を読んで下さって、本当に、ありがとうございました。

akiko

静岡在住。
中高生2人と幼児1人の育児に奮闘中。
一緒に楽しむ育児を目指しています。

関連記事

  1. チャイルドチャリティーカットinELLY London

  2. 【イベント情報・灘区】からだのワークショップ2015

  3. スイーツコンシェルジュと楽しむセミナー

  4. アンブレラスカイ2017

    梅雨でも楽しめる、家族連れで行けるイベント『アンブレラスカイ2017』長野県軽井沢

  5. 神戸美術館スイーツデート 子供とだって素敵なカフェタイム!

  6. リビュート マルベリー プラセンタティ

  7. 簡単手作りパーティグッズ

  8. 親子でお月見を楽しむ方法

  9. 福井 芝政ワールドの巨大イルミネーション2017の開催期間と入場無料の日は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




公式LINEはじめました!

友だち追加

最近の記事

  1. からから煎餅(個包装)
  2. 関西大学梅田キャンパス







PAGE TOP