お仕事体験こどもワークショップに参加してきました

百貨店で開催された「こどものお仕事体験」に未就学児の子と参加してきました。
なかなか未就学児の募集がないなか、やっと見つけたお仕事イベントで娘もワクワクしていました。

こどものお仕事体験ってどんな感じ?? まずはお仕事はご挨拶から

まずは受付で、自分のお名前を伝えます。
きちんと挨拶できることとお名前は言うことはお仕事の第一歩ですと言われ子どもは緊張しながらも元気に答えていました。
そこからイベント会場に移動し、そこでもお名前を呼ばれて着席。
そして担当上司役の方から改めて初めて会うメンバーに自己紹介をと促され、元気にお名前と将来の夢を語っていました。

未就学児も体験できるお仕事の内容は??

たくさんあったお仕事から今回私たちが選んだのは「デザインのお仕事」でした。
お客様(それぞれのママ)からの要望通りにデザインをし、オリジナルのランチョンマットを作ります。
ちゃんとデザイン用の紙も用意され、刺繍できるマークや個数を確認し、刺繍する場所をかきます。
次にお名前を入れる場所を決めます。
出来上がったデザイン書を刺繍ミシンまでもっていき、担当のお兄さんに説明。
その刺繍が仕上がるまでに薄紙をちぎって包装の準備をします。
最後に出来上がったランチョンマットをきれいに包装し、シールを貼り、紙袋に入れ、お客様にありがとうございました、というところまでがお仕事です。

作業開始終わりは、きちんとご挨拶をして、作業を終わらせたあと感想を書いて先輩上司に手渡します。
都度都度で本物の店員さんのように指示があったのがリアリティがありよかったそうです。

お仕事体験会に参加して

デザインまでは簡単にサクサク進めた娘、一番苦労したのは薄紙をはさみで切るところでした。
切れないのです、親がやっても・・・
さっさとはさみに見切りをつけ手でちぎって無事に事なきを得た我が子の機転に成長を感じました。

娘にとっても初めてのお仕事体験で、「仕事をする」ということが少しわかったようでした。

最後に終了証とお給料(500円分のお食事券!!)までいただき、大喜びで帰ってきました。
これで無料とはほんとに素敵なワークショップ。
色々学ぶことの多い体験ができて親も子も楽しかったです。

来年もまたぜひ応募したいとおもいました。

ワークショップの情報が入りましたらみなさまにもお伝えしますね。

ありがとうございました。

関連記事

  1. モデルルーム

    15分で片づく部屋作り。

  2. 疲れが出ていませんか?

  3. ちょっと、一呼吸かも。 幼い子供でも 親から受けた理不尽な扱いは 意外と覚えているものです

  4. あすたむらんど冒険の国

    四国ドライブ 徳島のおすすめスポットあすたむらんど

  5. 高砂火力発電所の見学はイベント「わくわく感謝DAY」2017年は11月12日開催

  6. 池の平スノーパーク

    冬を満喫!子連れで池の平スノーパークに行ってきました!

  7. 砂糖とキレる子とのかかわり。

  8. 親子で参加できるピラティス&ZUMBA体験会(諏訪地域のイベント)

  9. 今さら聞けない節分のことまとめます

最近の記事







人気記事




PAGE TOP