アウトドア大好きさん集まれ!松本市のアウトドアイベントランドネピクニックに行ってきました!

山へ行きたい。自然のなかで気持ち良く過ごしたい。そんな思いを応援する都市型アウトドアイベント「ランドネピクニック」が2年連続で松本で開催されました!

ランドネピクニック2018が開催された場所は?あがたの森公園

場所は、前年度と同じく北アルプスをはじめ、名だたる美しい峰々のふもとに位置する長野県松本市。
長野県松本市は山に囲まれた地形で、少し足をのばせばピクニックや、昆虫とり、キャンプにバーベキューができる環境にあります。海は遠いですけどね☆

大自然の中で育った息子は、自然が大好き!ピクニックも大好き!このランドネピクニック2018のパンフレットを学校でもらってきて開口一番「ぼくコレ行きたい!」
そんなことで今回は、『ランドネピクニック2018 in まつもと』に行ってきました。

このランドネピクニックは、山岳高原リゾートがテーマとなる信州アフターデスティネーションキャンペーン(2018年7月~9月)に連動して、山岳高原から芝生でのピクニックまで、『ランドネ』が提案する幅広いアウトドアの楽しみが詰まったイベントでした!信州アフターデスティネーションキャンペーンもきれいなお花を植えた美しい公園を見に行ったり、いただいたパンフレットを見ていても自然を感じるイベントがたくさんありそうでした。

生きていたクマ!鹿!に触れる!乗れる(笑)

開場では、自然を子供に感じてもらおうといろいろな仕掛けがありました。息子が、「こわぁぁ」
と叫んだので、その方向を見てみるとクマがいました。
本物のクマじゃないですよ。はく製です。

息子「これって、生きてたらぼく食べられちゃうやつだよね」
うん・・それはたぶん北海道のクマかな・・。でも最近のクマは人間の味を覚えて鈴の音で来ないように警戒しているつもりが、近づいてきて食べられる事案が発生しているそうなので、あながち間違いではない・・?のかも?
「クマに乗れるよーどう?」とお店の人に勧められた息子「こわいからいいや」 いや、生きてないって; 触ってみるとクマの毛は黒光りしていて少し硬めでした。
鹿の角と牛の角もさわらせて持たせてもらいました。鹿はスカスカしていてそんなに重くなくて、
牛の角はずっしり重く、息子も違うねーと。なかなかできない、い体験をさせていただきました。

青空の下、親子でヨガ!

あづみのポコヨガスタジオ ポコ☆スタ主催の青空ヨガを息子と体験してきました。
それにしてもみなさんほんとオシャレ!
会場が一体となっている雰囲気も良かったです。
私はおシャレなアウトドアな恰好ではいかなかったので次回はちっとはオサレをしていくぞーと思いました。体験の際は、飲み物必須ですよ!
芝生の上、はだしでヨガをするのも気持ち良かったですよ。

来年2019年もぜ開催して!!ランドネピクニック

公式イベントサイトも関係する登山総合情報サイトShare the Mountainは、8月11日の「山の日」制定をきっかけに、登山を筆頭にしたアウトドアの楽しみを、もっと多くの人々に認知していただくべく立ち上がったとのこと。「Share the Mountain」というその名は、みんなで山の楽しみ、山での素敵な時間を大切な人と共有してもらいたいという想いが込められています。また毎月23日発売のランドネは、登山やキャンプ、ピクニックなど、アウトドアでのアクティビティに興味をもち、アクティブに自分らしく自然を楽しむことを志向する人々に向けた月刊誌。このタックは面白いイベントになるに違いない。
今年も大盛況だったので来年もあるかも!お近くの方は要チェックです!
楽しかったです。ありがとうござました。

 

関連記事

  1. 東灘区にオープンした託児付サロン「ユルリノハコ」はヨガやよもぎ蒸しや耳つぼなどアロマトリートメントも…

  2. 美女と野獣

    長野県諏訪地域 赤ちゃん連れOKのママのためのママシアターが開催

  3. 昭和記念公園イルミネーション2017年は花火もあり 開催日程と上手なアクセス方法は?

  4. 英語が苦手のママも楽しく英語あそびできる方法

  5. 子どもと一緒に楽しめる長野県諏訪地域の美術館

  6. 男の子ママ必見!!昆虫フェスタで親子で楽しむin岩手編

  7. 【実食】期間限定の神戸ハイカラメロンパンキャロットチーズをコープ委員で試食した感想

  8. 野外保育 山の家 ぽっち

    長野県富士見町の信州野外保育『森のいえ ぽっち』のご紹介







人気記事

  1. 富山島尾キャンプ場 (1)




PAGE TOP