沖縄の観光名所の首里城へ行くには?オススメの時期は?

亜熱帯性気候の沖縄は4月から10月まで海で泳げます。青い海と青い空は外国にも負けないリゾート地でありながら、日本語が通じます。子供連れでも行きやすい観光地であると言えます。沖縄を訪れた人なら、必ず行くであろう首里城。観光のポイントを沖縄在住ママまおがご紹介します。

首里城の基本情報

沖縄にはかつて琉球王国と呼ばれる王朝が存在していました。琉球王国は、日本や中国、東南アジアとの交易がおこなわれ、琉球独自の文化が育まれました。
首里城は王家の住まいである「王宮」であり、政治、文化の中枢でした。
沖縄戦で全壊してしまいましたが、1992年に復元されました。
2000年に世界遺産として登録されています。

とても広い敷地です

首里城は発掘調査だけでなく、文献をもとに復元されているので、今でもまだ復元工事中です。
首里城公園の中は無料区域と有料区域に分かれています。無料区域でもとても広いのです。
坂道や階段、石畳も多いので、大人でも履き慣れたくつでないと厳しいです。
ベビーカーで廻るのは厳しいと思います。
お子さんが自力でたくさん歩ける月齢に達していることが望ましいと思います。

イベントも盛りだくさん

スタンプラリーもありますし、時期によって様々なイベントが企画されています。
お勧めは無料区域の「舞の誘い」。これは伝統的なとても優雅で美しい舞です。
もう一つは有料区域の無料ガイド。ややこしいですが、有料区域に入るためにはチケット購入が必要ですが、
ガイドは当日、時間までに行けばいいだけで無料です。
琉装姿のガイドさんが丁寧に首里城のあれこれを案内、説明してくれるのですが、大人向けです。
あまり小さいお子さんにはちょっと難しいと思います。

いつの時期がいい?

主に屋外を歩き回るので、夏の暑い時期は避けたほうが良いと思います。
7月~9月は気温も高く、紫外線も強烈なので、お子さんは熱中症になってしまう恐れがあります。
そのほかの季節でも暑い日もありますので、水分を補給すること、日焼け止めを持ち歩いて塗り直すなどの対策が必要です。

首里城のアクセス

車やレンタカーでも行かれます。
モノレールの場合は「首里駅」下車、徒歩15分くらいです。
バスは「首里城公園」で下車して徒歩5分くらいです。

営業時間:8:00~19:30
休園日:7月の第一水曜日、および翌日
有料区域の入館料:大人820円、中人(高校生)620円、小人(小学生、中学生)310円。6歳未満は無料。

お子さんが小さいうちなら無料区域、幼稚園以上なら有料区域も入るなど、お子さんに合わせてコースを選んでください。

(地域WEBライター沖縄在住 まお)

ママプロラボ編集部

ママプロラボ編集部

「地域みんなで子育てする街づくり」をテーマに活動しているママプロラボ。地域で活躍するママプロデューサーさん、地元企業さまと一緒にママが安心して子育てもウーマンライフも楽しめる街づくり目指しています。ママに楽しい情報お待ちしています♪

関連記事

  1. 下処理を忘れないで!!松ぼっくりのクリスマスツリーを100円均一グッズで作る作り方

  2. おにぎらずの次は折り紙×おにぎりのペーパークラフトで日本から発信する親子ふれあい工作イベント開催

  3. カンタン工作さかなつり

    雨の日も親子で楽しく!カンタンおうちで作れる工作遊び3選

  4. 1歳の好奇心はどのように育つの?好奇心が育つ仕組み

  5. 野外保育 山の家 ぽっち

    長野県富士見町の信州野外保育『森のいえ ぽっち』のご紹介

  6. 子供といっしょに長野びんずる!お祭りで夏休みを満喫編

  7. 子どもたちに栄養バランスの良い食事を無料で提供する「信州子ども食堂」のとりくみ

  8. 阪神御影ベイビーカフェ 親子で楽しく英語あそび

  9. アンブレラスカイ2017

    梅雨でも楽しめる、家族連れで行けるイベント『アンブレラスカイ2017』長野県軽井沢

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事







人気記事




PAGE TOP