親子でお月見を楽しむ方法

こんにちは、こやまあみです。

八月が終わるとハロウィンモードのようですがせっかくですから9月のイベントとしてお子様と一緒にお月見準備はいかがですか?

お月見って?

月見(つきみ)とは月、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。

十五夜のお月見。さぞ美しい満月が観れるのだろう!と思いがちですが、お月見だからといって絶対満月とは限らないそうです…

今年のお月見はいつ?

今年2016年の中秋の名月(十五夜)は 9月15日(木)だそうです。

実は十三夜、十日夜もあるそうです。今年の(十三夜)は10月13日。(十夜)は11月9日。

用意する物は?

収穫に感謝するお祭りなので、収穫物をお月様にお供えするそうなのです。

①すすき

②お団子

③収穫した野菜や果物

十五夜は里芋などのイモ類をお供えするので別名「芋名月」

十三夜は栗や枝豆をお供えするので「栗名月」「豆名月」

十日夜は野菜や果物をお供えするそうです。特にブドウは蔓がある事から神様との繋がりを強めるなど「縁」に関係があるようですよ♪

さあ、お月見の準備をしましょう♪

お子様にはこんな絵本などでお月見のお話をして

https://www.amazon.co.jp/dp/4494005967/?tag=aajg-540-22&linkCode=as1&creative=6339

一緒にお団子を作って

中秋の名月をみんなで楽しむ『お月見だんご』

http://tedukuri.pal-system.co.jp/recipe/otsukimidango/

(写真、レシピはパルシステム様のをお借りしました。)

お月見を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

こやまあみ

こやまあみ

子どもは6歳の女の子と3歳になる男の子。時間を見つけてはお菓子作り、パン作り。バースデープランナー/petapeta-artアドバイザー/G + flower認定講師/UN-DECOR認定講師
BLOG http://fanblogs.jp/happymusicpartyimajin/

関連記事

  1. 砂糖とキレる子とのかかわり。

  2. 今日はスタートの日!

  3. 夏対策は万全ですか?暑さ対策・汗をかいてしまった時の対処法

  4. ちょっと、一呼吸かも。 幼い子供でも 親から受けた理不尽な扱いは 意外と覚えているものです

  5. キャンディーブーケでトリックオアトリート!!

  6. 富山島尾キャンプ場 (1)

    富山島尾キャンプ場でBBQと地引き網!白砂青松の島尾海岸

  7. クリスマスパーティーに夢のお菓子の家

  8. 沖縄ぜんざい

    子連れ沖縄旅行でオススメのグルメ

  9. 片づける前に知っておくとよいこと~利き脳診断~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事







人気記事




PAGE TOP