体を温めてハッピー妊活!

  フリーライターの藤田里奈です。

2015年も残すところあとわずか。

12月だというのになんだか今年は暖かですね。

さて、今回は妊活を頑張っていらっしゃる方を応援するコラムをひとつ。妊活に欠かせないこと。まずは、妊娠しやすい体づくりをすることですね。

その中に、体を冷やさないということがあります。

寒い冬だけではなく、暑い夏でも忘れてはいけないことなのです。

体が冷えることで、血行が悪くなってしまい、卵巣が酸欠状態になり卵巣機能の低下の恐れがあるそうですよ。

さらに、体が冷えて血行が悪くなることで、便秘になってしまったり、腰痛や整理不順に繋がります。

そんな体の冷えを解消する方法を、ご紹介しますね。

体を温める食材を選んだ食事を心がけよう
yjimage

体の外から冷やさないことも、もちろん大切なことですが、体の内側から温めることはとても重要なんです。

つまり、摂取する食べ物が決め手!

根菜類などは体を温めてくれる食材として有名ですよね。今の季節、大根や人参、カブなどが美味しいですよね。これらの根菜は美味しいだけでなく体を内側から温めてくれるので積極的に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ゆっくりお風呂につかる

yjimage2

次に、お風呂にゆっくり入ることで、体の外から温めましょう。

最低でも30分は湯船に入って体を温めると良いそうですよ。

湯船にそんなに入れない!そんな方は半身浴でも効果があるようです。

ただ、湯あたりしないよう気をつけてくださいね。

 

水分を摂りすぎない
yjimage3

最後に、水分の摂り過ぎを防ぐということ。水分を摂らないことは問題ですが、摂り過ぎもよくありません。
水分の摂りすぎは、体を冷やすことに繋がります。
適度な水分補給を心がけましょう。

また、温かい飲み物を選ぶようにしましょう。
冷たいものが欲しい時は、氷などは入れず常温に近い温度になってから飲むようにすると良いようです。

体を冷やさないことは、妊娠しやすい体づくりの基本です。
今の日常生活を見直してみてはいかがでしょうか。

これから寒さが本格化します。
ぜひ、実践してみて楽しく妊活に繋げてくださいね!

ママプロコンテンツリーダー 藤田里奈

関西を中心に医療、グルメ、リビング、ファッションなどの雑誌でライターをしています。関西のホットな情報をはじめ、お役立ち医療情報もご紹介します。

関連記事

  1. ヒルナンデスで火を使わないお灸『温灸器』が紹介される 毎日の健康づくりにハマる人急上昇中

  2. 薬を使わず生理痛を和らげる方法3 どうして生理痛になるの?どうしたらいいの?

  3. 薬を使わずに生理痛を和らげる方法1 生理の様子チェック表

  4. 薬を使わず生理痛を和らげる方法2 健康的な生理とつらい生理

  5. 子供のおやつのポイントは?元気で賢い子どもに育てるヒント

  6. 赤ちゃんがほしい方は必見!冷えが気になる季節の過ごし方

  7. 衣育講座で子どもに安全な服選び

  8. 薬を使わず生理痛を和らげる方法 4

  9. 布ナプキンを、ご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事







人気記事

  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP