子どもを褒めてぐんぐん伸ばす!子どもにかける褒めるシーン3選

yjimage 4

フリーライターの藤田里奈です。先日、こんな記事を読みました。

「子どもをぐんぐん伸ばすには魔法の言葉がある」
なるほど、確かに「言葉」は大切。傷つけたり喜ばせたり…言葉は時に刃物よりも鋭利だったりします。

 

子どもを褒めると叱るは、9対1が基本

私自身も一人の子の親。かける言葉には気をつけているつもりですが、イライラしていたりするときは、なかなかそうはいかないですよね。子どもを褒めると叱るは、9対1が基本だと言われています。
ママが意識して子どもに褒める「言葉」をかけ続けると、子どもが嬉しい気持ちになるだけでなく、家族が笑顔になるという嬉しい結果をもたらします。
そこで、今回は子どもにかける褒める「言葉」をシーンに分けてご紹介します。

yjimage3

 

子どもにかける褒めるシーン3選

行動について

まずは、子どもの日頃の行動についてです
例えば、自分で上手に靴下が履けた時。「上手に履けたね」と一言かけるだけで子どものモチベーションがあがるとか。
また、元気に挨拶できた時や、ママのお話をしっかり聞けた時なと、褒めるまでもないだろうと思われる小さなことでも、子どもはママに褒められると嬉しいもの。

yjimage2

 

努力していることについて

次に、努力していることです
例えば、靴を脱いで揃えることができた時、「靴を揃えてえらいね」と一言褒める。これも、小さいことですが褒められると嬉しいもの。また、お手伝いをしてくれた時など、褒め言葉をかけるだけで子どももママもニコニコに。

yjimage

 

子どもの存在について

最後に、子どもの存在を褒めましょう。「一緒にお買い物、楽しいね」や、「お話してくれてありがとう」、「大好きだよ」など。
眠る前や一緒にお風呂に入っている時など、ゆったりとリラックスしている時に伝えると、嬉しい気持ちでいっぱいに。
いかがでしょうか。
こんな小さいこと、いちいち褒めてる時間ない!なんて思わないで、子育てを少しでも楽にするには、ママも子どもも、心が丸くなっていることも大切。そのためにも、小さいことでも意識して褒めてやることが大切です。
よく、こどもは親の気持ちが遺伝すると言われていますよね。それは、きっとママの言葉の微妙な強弱などがあるのだと私は思います。子育てにイライラしてしまうこともあるかと思いますが、そんな時は大きく深呼吸して、あえて良い言葉(褒め言葉)を子どもにかけてあげましょう。

ママプロコンテンツリーダー 藤田里奈

関西を中心に医療、グルメ、リビング、ファッションなどの雑誌でライターをしています。関西のホットな情報をはじめ、お役立ち医療情報もご紹介します。

関連記事

  1. モデルルーム

    15分で片づく部屋作り。

  2. エコランマーケット2017

    諏訪市のママが注目するイベント『エコランマーケット』へ。ワークショップ楽しかったのでレポートします

  3. ベビーシャワー☆サプライズ

  4. 牛乳パックで親子で遊ぶビックリ箱を作るコツを見つけました!

  5. 栄養満点!「食べる美容液」アボカドを使ったレシピ5選!

  6. おっぱいにしこりができて痛い!授乳中の乳腺炎

  7. 幼児期の運動が子どもの将来を左右する⁉︎

  8. 電話子育て相談「ママパパライン」は何でも話せる子育て応援電話







人気記事




PAGE TOP