記事の詳細

モデルルーム

ママがらくになる暮らし作り
部屋と心の整理のお手伝いをしています
神戸のライフオーガナイザー坂手さとこです

さて、みなさんの理想の家ってどんなイメージをお持ちですか?

「ホテルのような家」
「モデルルームのような家」

どちらも整然と整えられたイメージですね。

ですが、それはあなたが本当に望んでいる暮らしですか?
そこで子供が自由に遊び楽しく笑っている様子が想像できますか?
シンプルで何もない部屋も憧れるけれど。。。
実際、子供がいたら、モデルルールのような空間作りは難しいのではないでしょうか?

毎日、食事をして生活をしていたら、モノも人も動きます。
部屋が乱れるのは当たり前。
ましてや子供がいたら予想外のことばかり。
雑誌やテレビで見るモデルルームのような家は、よそゆきの顔。現実は。。。

そこで、私は育児中のママには

「15分で片づく部屋作り」

をおすすめしています。
いつも完璧な部屋を目指すのではなく、「15分あれば友達を呼べる環境作り」

では、どうやって?

「モノの住所を決めること」

戻す場所が決まっていたら、すぐに元に戻せますね。

ラベリング

住所を決めるときは、しまいやすさより、使いたいときに使いやすいように置き場所を決めましょう。
例えば、ボールペン。
増えやすいアイテムだと思いますが、たくさんあると引き出しにくかったり取り出しにくいですね。
書きやすいペンが使いやすい場所にあることがポイントです。

ラベルを貼るのも家族全員が、どこに何をしまったらよいかわかるのでおすすめです。
ただ、子どもが使うもの(おもちゃなど)は、絵や色で表わしたラベルがわかりやすいですよ。
散らかっても戻す場所がすぐわかれば、子供もお手伝いしやすいでしょう。

それでも、わかってるけどできないの~。
細かく仕切ると戻せないの。
ラベルを貼っても家族が見ないの。
という方もいらっしゃると思います。
そんな時は。

ゆる収納

「ざっくり文房具ボックス」

家じゅうの文房具を集め、文房具はここにあるという状態にしておきます。
細かく分ける収納が苦手な方は、こんな風にかごに入れるだけの収納でもOKですよ。
(ただし、モノの数が増えると出しにくくなりますので、よく使うモノお気に入りのモノだけに厳選してくださいね)

きっちりしなくちゃいけないと思うとストレスになる方は、

ゆる収納

も試してみて下さいね。

片づけと暮らしがらくになるヒントがいっぱいのイベントはこちら↓
☆いっしょに暮らしをととのえよう~ママから笑顔になるくらし~

The following two tabs change content below.
ライフオーガナイザー 坂手さとこ
ライフオーガナイザー/『もっと輝きたいママのためのお片付けサポーター』/利き脳診断であなたにぴったりのお片付け方法をご提案。スッキリの先にある本当にやりたいことができる暮らし実現のお手伝いをさせて頂きます。/サイト:http://ameblo.jp/tokomona/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ママプロ登録はこちら

ママプロ登録はこちら
ページ上部へ戻る