目標よりも、今だけの子育てを楽しもう

2018年、新しい年がスタートしました。我が家では、毎年、元日に家族全員で書き初めをしています。 小学2年生の長男も、幼稚園児の長女もです。普段から習っているわけではありませんが、良い機会と思い、毎年恒例となっています。慣れない毛筆に苦戦しながらも、楽しんで取り組んでいます。

目標よりも、今だけの子育てを楽しもう

さて、お子様がまだ幼いうちは、ご両親も何かと大変なことと思います。何しろ、子供には覚えなければいけないこと、覚えさせなければいけないことが、ごまんとあるからです。おはしの持ち方、歯の磨き方、トイレのやり方、ひらがな、時計…ここにあげただけでも、何一つとしておろそかにしていいことなど、ありません。

そして一つ一つ、手とり足とり教えていくのは、親の努めなのです。言うは易く、行うは難し…とても根気が必要です。しかも、相手は気まぐれで飽きっぽい子供とあれば、なかなか親の思い通りにはいきません。今のご時世、何をするにもネット上、あるいは育児書に、「やり方」や「困った時は」という対処法などが、多数出ています。ところが、マニュアル通りにいかないのが子育てです。「今年は○月までにオムツを外そう」とか、「1歳半までに、卒乳しよう」と、新年の目標を掲げたママも多いかと思いますが、目標は目標として、ひとまず心に留めておくことをオススメします。

というのも、現実には思い通りにいかないことが多々待ち構えているからです。私自身、二人目の子である長女に対して、「3歳にはオムツを外そう」という目標を立て、躍起になって取り組んだことがありました。しかし、結果は惨敗に終わりました。敗因は、私が「3歳までに」という目標にとらわれすぎて焦った結果、子供がトイレ嫌いになってしまった為でした。結局、冬の間はトイレトレーニングを中断し、春になってから再開した結果、ようやくオムツを卒業できました。目標から大幅に遅れた、3歳8ヶ月でのオムツ外れでした。

気長にやろうが成功のカギ

正直、「この子はずっとオムツが外れないのでは」という不安に何度もかられました。しかし、一度お休みしたことで私自身が落ち着きを取り戻し「また頑張ろう」と思えたと同時に、「今度は気長にやろう」と大きく構えることが出来たのです。春にトイレトレーニングを再開したときは、「今日は出来なくても、そのうち出来るようになる」と気楽に構えていましたので、怒ったり、急かしたりもせず、お互いにあまりストレスを感じずに進めることが出来ました。子供は敏感ですから、きっと私の心境の変化を感じ取っていたに違いありません。これはトイレトレーニングに限った話しではなく、子育て全般に共通して言えることだと思います。即ち、子育てに焦りは禁物、急かしても良い結果は出ないのです。

子供に何かを教えるときのポイント

では、子供に向き合わなければいけない時、どのような気持ちで接し、またどのような言葉掛けをしてあげれば良いのでしょうか。
子供に何かを教えるときのポイントを、以下のようにまとめてみました。

・初めから「10」教えようとは、しないようにしましょう。
・うまくいかなくても、努力したことを褒めてあげましょう。
・焦らず、のんびり進めましょう。
・他の子供と比較するのは、やめましょう。
・子供に無理強いするのは、やめましょう。
・何度も繰り返し教えてあげましょう。

何をするにも、はじめはうまく行かないものです。

興味を示したら教えてあげる

うまくいくはずがないのに、初めから「ゴールまでたどり着きなさい」と言っても、どだい無理があります。先ほどのトイレトレーニングを例に取れば、初めの一歩は「トイレの場所を教えてあげる」これくらいで充分だと思います。興味を示したら、何をするところか教えてあげればいいでしょうし、あまり乗り気でなければ、「また明日」でいいのです。それぐらい気長に、のんびり進めたほうが、かえって近道だったりします。

ママ友同士で情報交換をしていると、ついつい「○○ちゃんは、もう出来るのに…うちの子はまだだわ」と比較しがちですが、比較しても良いことはありませんので、やめましょう。親は焦るし、子供は傷つくし、マイナス要因にしかなりません。子供自身が成長すると、「○○ちゃんは、もう逆上りができるんだよ」等、口にすることがあります。そんな時、私はこう答えています。「そうなんだ。○○ちゃんは、きっとたくさん練習したんだね。」この答えを聞いて、幼稚園児の長女は、逆上がりの練習を始めました。「○○ちゃんはできるのに、あなたはなんで出来ないの?」とでも言おうものなら、拗ねて鉄棒嫌いになること間違い無しです。

子どもに一喝は禁物

また、子供というのはまったくもってどこまでも甘えん坊ですから、わかっているくせに同じことを何度も聞いてきたりします。わかっているはずなのに「これ、どうやるの」とか「わからないから、教えて」と来るときは、甘えたいたときなのです。いらいらしていると「何度も同じことを言わせないで」と、一喝してしまいそうですが、そこはぐっとこらえて、なるべくなら繰り返し教えてあげましょう。繰り返すことで身につくのは事実ですし、子供も安心し、自信がもてるようになっていきます。

子育ての目標のまとめ

今年の目標に戻ってみましょう。ここまでの話を読んだ後で、みなさんならどんな目標を掲げますか。前述した通り、具体的すぎる目標はあまりオススメ出来ません。目標を気にしすぎるあまり、子供に口やかましくなってしまいがちだからです。それよりも、むしろ子育てを楽しめるような、のびのびした目標を立ててみてはいかがでしょうか。現代人は、とにかくせかせかと生きています。しかし、子育てにせかせかは無用です。子供よりも目標を大事にしていては、本末転倒、何の為の目標かわからなくなってしまいます。子育ては、子供が小さいうちしか楽しめません。そして、子育ては楽しむべきものです。

我が家の書き初め、何を書くのか、言葉もそれぞれ自分達で決めました。一生懸命考えて、小2の長男は「お正月」幼稚園児の長女は「いぬどし」と、半紙いっぱいに書きました。決して上手くはありませんが、本人達は大満足で、リビングに並べて飾ってあります。
年始めに、子供とのあり方について振り返ると共に、子育てを楽しむ気持ちを今一度思い出していただければ幸いです。

ママプロラボ編集部

「地域みんなで子育てする街づくり」をテーマに活動しているママプロラボ。地域で活躍するママプロデューサーさん、地元企業さまと一緒にママが安心して子育てもウーマンライフも楽しめる街づくり目指しています。ママに楽しい情報お待ちしています♪

関連記事

  1. ママこそ美術鑑賞☆諦めたらあかん!兵庫県立美術館一時保育あり

  2. ユミ式整美体操で女性らしい柔らかさでしなやかなボディラインをつくる

  3. 長く遊べる、家で学べる電動知育ブロック

  4. おっぱいにしこりができて痛い!授乳中の乳腺炎

  5. 簡単!子供も作れる手抜きプリン我が家のレシピ公開☆

  6. 無農薬こんにゃく米で神戸らしい美味しいダイエット

  7. 名古屋にオープンするレゴランドはどんなテーマパーク??2017年4月開業で年間パスポートも

  8. 菊川 朱美さん 株式会社アイエス 代表取締役/NeoWoman代表理事

  9. 野外保育 山の家 ぽっち

    長野県富士見町の信州野外保育『森のいえ ぽっち』のご紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事




人気記事







PAGE TOP