冬到来!感染症に要注意!なぜ冬は感染症が流行るの?

冬になると特に警戒心が高まる感染症。冬に感染症が流行る原因は、「冬」という気候のせいなのです。冬は空気中や皮膚表面にも水分が不足している為、空気中にウイルスが浮遊しやすくなり、皮膚にウイルスがついたときにも体内に侵入しやすくなります。特に乾燥し荒れている肌はウイルスが侵入しやすいので、普段からの保湿が重要となります。

RSウイルス感染症

鼻水・鼻づまりなどの軽い風邪症状から始まり、2~3日後に咳き込みが現れます。ただの風邪のような症状から始まるので、特に外出や通園も気にせずに生活してしまう期間があるので、感染が早いです。乳幼児の場合は、肺炎や呼吸困難で入院が必要となる場合もあるので、冬に風邪のような症状がある場合は早めに受診したほうがよいでしょう。

溶連菌感染症

溶連菌にはさまざまな種類があり、小児科で特に注意されているのは「A群β型溶連菌」です。感染しても無症状の場合が多いのが特徴ですが、実は強力な菌なので要注意です。発症した場合には、咽頭炎やリウマチ熱など、起きる病気はさまざまです。冬季以外にも、春~初夏にかけても流行します。
〇インフルエンザ
インフルエンザは幸いにも予防接種があるものの、感染力は強く、発症すると38度以上の発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛など身体症状も現れます。しかし感染した場合にも、予防接種をしていると比較的重篤化しにくいので予防接種はうけておくべきでしょう。また、子どもだけでなく家庭内感染を避けるためにも、家族全員で摂取しておくのがポイントです。感染した場合には、安静にして睡眠を十分にとり、湿度(50~60%程度)室温(18~20℃)に設定するのがベストです。発熱することで水分を失いやすいので、お茶やスープなどを摂るように心がけましょう。

ノロウイルス・ロタウイルス感染症

ノロウイルスとロタウイルス、ママさん世代は総称して嘔吐下痢や感染性胃腸炎などと呼ばれていたのではないでしょうか?主な違いは、下痢と嘔吐どちらがメインか?ということだそうです。激しい吐き気・嘔吐が特徴のノロウイルスに対して、激しい下痢と発熱が続くのがロタウイルスです。嘔吐が激しい場合は、嘔吐による体力消耗を避けるために水分や食べ物の摂取を控えるようにお医者さんから言われることもあります。しかし、症状が治まってる場合や下痢がひどい場合は脱水症状になりやすいので、栄養のあるスープやお茶などの水分補給が必要となります。

感染症を予防するには?

感染症対策の3つの柱は「感染源の排除」「感染経路の遮断」「人間の抵抗力の向上」です。感染源となるものは以下の4つです。

1.排泄物(嘔吐物・便・尿など)
2.血液・体液・分泌物(痰・膿み・咳など)
3.使用した器具・器材
4.上記に触れた手指で取り扱った食品など

まだ咳エチケットを教えるのには難しい年齢である場合には、手洗いや消毒を徹底する必要があります。潜伏期間もありますし、保育園ではおもちゃも共同で使用します。子どもは発症したことのない病気なら抵抗力もないので気をつけてはいても、感染してしまうものです。子どもが感染した際に大人も感染してしまわないように、基本的なことですが嘔吐物処理をする際には、手袋を着用し手洗い・うがい・消毒を徹底し、二次感染を防ぎましょう。

冬に多い感染症 少しの症状でも危険!

ほんの少し咳が出てるだけ・・・。
熱もないしただの風邪。と思って小児科へ行かず、子どもの症状を見逃すのは危険です。風邪ならいいですが、受診が遅れて合併症を引き起こす可能性もあります。嫌がる小児科へ子どもを連れて行くのはかわいそうかも知れませんが、手遅れになっては元も子もありません。

特に冬はいろいろな感染症が流行りますので、ママの自己判断で行動しないように、必ず受診するよう心がけてくださいね!

(地域WEBライター ますみ/幼児食インストラクター)

ママプロラボ編集部

「地域みんなで子育てする街づくり」をテーマに活動しているママプロラボ。地域で活躍するママプロデューサーさん、地元企業さまと一緒にママが安心して子育てもウーマンライフも楽しめる街づくり目指しています。ママに楽しい情報お待ちしています♪

関連記事

  1. 野菜嫌いを克服

    試す価値あり!こどもの野菜嫌いを緩和する方法

  2. エリザベス女王へプレゼント★キャサリン妃「おばあちゃんのチャツネ」

  3. オシャレなママはみんなこれ⁈レアでオシャレなマタニティマーク

  4. 小さな作品展 vol.3 玉響 -たまゆら-

  5. おにぎらずの次は折り紙×おにぎりのペーパークラフトで日本から発信する親子ふれあい工作イベント開催

  6. 目標よりも、今だけの子育てを楽しもう

  7. 美を意識したBREAKFASTの方法【朝食の取り方】

  8. 栄養満点!「食べる美容液」アボカドを使ったレシピ5選!

  9. 抜けた乳歯はどうする派?ファミリア「乳歯入れ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事




人気記事







PAGE TOP