いちご狩りもできるイベントいっぱい岡山オススメスポット「農マル園芸」

2017年11月に岡山に新しくできた農マル園芸」農マル園芸を親子で楽しむオススメポイントを岡山ママがまとめてみます。ドライブにもいいですね。ぜひ行ってみてください。

農マル園芸はバーベキューも 親子で楽しめるテーマパーク型の産直店舗

農マル園芸は、岡山に「さん直市場」も運営する総合観光農園。2017年11月にオープンした観光農園のあかいわ農園に吉備路農園は、産直の新鮮なお野菜が安くで買えたり、カフェスペースもあり地元ママが大好きなテーマパーク型の楽しめるスポット。イチゴ狩りにバーベキューもできます

引用:農マル園芸サイトより

農園でとれたフルーツを使ったメニューにこだわりのたまご「星の里たまご」も

カフェスペースのケーキ工房では、フレッシュな苺やブルーベリーを使ったテイクアウトスイーツが製造販売されていたり、農マル園芸といえば、フルーツの入ったハンバーガーも売ってあったりで、フルーツをテーマにしたキャラクターもかわいい。年齢は秘密、イチゴちゃんと言われることも多い農園の園長さん「いっちー」が時々登場してくれるそうです。※サイトによると土日祝日のみだそう

引用:農マル園芸サイトより

レディースディも!?ブドウ狩りにイチゴ狩りにドッグランまで施設もイベントも充実

農マル園芸の園内と言えば、毎年12月20日くらいから開催されるイチゴ狩りは、大きなハウスで、雨が降っても大丈夫。農マル園芸サイトのいちご狩り攻略ページもチェック!!この時期のイチゴ狩りはクリスマスケーキにのせたりパーティーのオードブルにのせたりにもいいですね。

【いちご狩りおすすめポイント】
●様々な品種を食べくらべできます。(最大6品種・時期による)
●高設栽培なので立ったまま摘み取って食べられます。
●車椅子・ベビーカーでお越しの方もご利用いただけます。
●車椅子の介助の方がご入園の際はいちごハウス受付でご相談ください
●ハウスなので、雨が降っても大丈夫です。

引用:農マル園芸サイトより

農マル園芸いちご狩り料金

1800円(大人)・1500円(小学生)・1000円(3歳~小学生未満)・0円(3歳未満)
時間:40分間
※2017.12月現在

岡山ママオススメ!行ってもらいたい農マル園芸 まとめ

公式サイトをみているだけでもワクワクする農マル園芸さん。人気のイチゴ狩りは予約を受け付けていない日もあるそうです。ぜひサイトのをよく見て、出かけてみてくださいね。子供達も楽しめます。うちの息子はイチゴのキャラクター「いっち」とお店の入り口で写真を撮り喜んでましたぜひ遊びに行ってみてくださいね。

農マル園芸 吉備路農園 アクセス

住所:岡山県総社市西郡411-1
TEL:0866-94-6755
営業時間:9:00~18:00(3月~12月)9:00~17:00(1月~2月)
定休日:年中無休(年末年始を除く)
入場料・駐車場共に無料

農マル園芸 あかいわ農園 アクセス

住所:岡山県赤磐市上市175-1(ホームセンタータイム山陽店内)
TEL:086-956-2211
営業時間:9:00~18:00(3月~12月)9:00~17:00(1月~2月)
定休日:年中無休 (年末年始を除く)
入場料・駐車場共に無料

ママプロラボ編集部

「地域みんなで子育てする街づくり」をテーマに活動しているママプロラボ。地域で活躍するママプロデューサーさん、地元企業さまと一緒にママが安心して子育てもウーマンライフも楽しめる街づくり目指しています。ママに楽しい情報お待ちしています♪

関連記事

  1. 夏の疲れがドッと出る“夏バテ”ならぬ“秋バテ”に必須なこと。

  2. 一緒に聴くココロに効く きしもとタローの笛のせかい

  3. 飲むチョコレートがブレイク!?夜に食べても罪悪感がないチョコがオススメ

  4. 食育にもなり、欲しい分だけ収穫して買って帰れる松崎農場

  5. 1歳の好奇心はどのように育つの?好奇心が育つ仕組み

  6. クリスマスケーキは簡単!プチ手作り ロールケーキタワー作りを子どもと一緒に

  7. 義務教育課程までの子どもを育てている方を優先「総合ビジネスコース」

  8. 昭和記念公園イルミネーション2017年は花火もあり 開催日程と上手なアクセス方法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







人気記事




PAGE TOP