記事の詳細

ママもベビーもママのお友達もHAPPYになる「ベビーシャワー」。密かにこの2.3年きていると感じています。テレビや雑誌での特集も増えて来ました。関西の朝の番組の定番「おはよう朝日(朝日放送)」でもトレンドエクスプレスコーナーで。アメリカ産まれのパーティー「ベビーシャワー」に参加された方いらっしゃいますか?出産前からみんなに見守ってもらっている安心感。
さてこれから出産・子育て頑張れ!!ってみんなに応援してもらえてるってあったかいですね。

トレンドエクスプレス「アメリカ生まれのパーティー!ベビーシャワー」

 

ベビーシャワーとは?

baby
出典:一般社団法人BABYSHOWER JAPAN

ベビーシャワーとはアメリカ発祥の妊婦さんのためのお祝い習慣。赤ちゃんが生まれる前、ちょうど主役である妊婦さんが8ヶ月あたりの安定期に入る頃、親しい友人や家族とのパーティ形式でお祝いする行事です。アメリカで始まったこのパーティ、もともとは大人の女性だけの集まりで開かれていたもの。

一昔前は男性、子供は禁止。初めての出産のときにだけ開かれていたこのパーティは男性が結婚前にやるバチュラパーティ的なのりで、母になる前の“女”を楽しむ的な要素もあったようです。

そして昨今。ご主人や家族、会社の同僚等々、女性に限らず行われることも多いし、子供も一緒にということもしばしば。
本人企画でウェディングのように盛大にやる人もいれば、仲間の企画で行われることもあります。
ご本人へのサプライズ企画も楽しいですね。
このベビーシャワー、一度の出産につき、1度、とは限らないところがまた楽しみ。今は初めての子に限らず、2人目、3人目のベビー誕生にも行います。
家族、会社、女友達、学生時代の仲間等、それぞれにやって1度の出産につき4度5度とある人もいます。
そして盛大なものからささやかなパーティまで形は本当に様々。
場所もホテルあり、式場あり、家あり、レストランあり公園ありと、どこでもやっています。

そしてアメリカではハリウッドスターのベビーシャワーは毎月のようにメディアを賑わせ、広く一般に浸透しています。もちろん、セレブリティに関わらずほとんどの妊婦が経験するこのパーティ。

ウェディングの次の楽しみはこのベビーシャワー。
妊婦生活の最後を飾るなくてはならないパーティのひとつです。

出典:一般社団法人BABYSHOWER JAPAN

 

ベビーシャワーって何するの??

まずはウェディングのように招待状が届きます。
ご本人からの場合もあれば、友達やご主人が幹事になってという場合もあります。

家族や仲間が集まり、食事やお茶を囲みながら妊婦さんとの語らいの時を過ごすというのが一般的。
基本、アメリカでは、プレゼントも出産前。
このベビーシャワーの時に、妊婦さん希望の産後必要なアイテムを聞いて贈ります。
本人企画の場合も、自分たちが欲しいものを招待状に書いておきます。

ベビーシャワーの時間の中では、みんなでゲームを楽しんだりもします。

1日がかりのベビーシャワーということもしばしば。
幹事さんは、いろいろなゲームを企画して参加者を楽しませます。

ベビーシャワーを演出するアイテムとしては、ダイパーケーキ(おむつケーキ)は必須。
結婚式のウェディングケーキのように、パーティを象徴するアイテムとして使われます。
企画した友人みんなで手作りしたりすることも多く、準備することもみんなで楽しみます。

盛大なパーティばかりでもなく、お茶だけ、お食事会だけ、2~3人でこじんまりと、5人くらいでささやかに、というベビーシャワーも多く、やり方、楽しみ方は様々です。

ベビーシャワーが終われば、妊婦さんからサンクスカードが届いて、終了!

このベビーシャワー、企画が予定日間際になると、赤ちゃんの早めの誕生にできなくなってしまうこともよくあるので、少し早めに企画するとよいですね。

出典:一般社団法人BABYSHOWER JAPAN

 

ベビーシャワーを盛り上げてくれるとっておきアイテム

>バルーンアート

nana
出典;HAPPYバールNANA

内容の企画はもちろん、一気に華やかになるバルーンアート。
スペシャル感の増すお部屋装飾も忘れずに♪

HAPPYバールNANAお部屋パーティー装飾プラン

 

 

>ダイバーケーキ(オムツケーキ)

omutu

出典;ママを癒すサロンDolphin-babies

出産祝いは何にしようって言うときにも便利。ママがもらって嬉しい出産祝いの一つのオムツケーキ。

The following two tabs change content below.
ママプロラボ編集部
「子育てに理解ある街づくり 神戸のママを笑顔に」と活動している神戸ベイビーカフェ。地域で活躍するママプロデューサーさん、地元企業さまと一緒にママが安心して子育てもウーマンライフも楽しめる街づくり目指しています。神戸の情報、ママに楽しい情報お待ちしています♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ママプロ登録はこちら

ママプロ登録はこちら
ページ上部へ戻る