記事の詳細

今月、神戸のKIITOで「ちびっこうべ」というイベントが開催されています。

4日間だけのオープンで行けるチャンスはあと2日です!!

我が家は10月9日に行ってきました!

img_3805

遊び方は

①市民登録をする。

②ハローワークへ行き仕事を探す。

③お給料をもらう

④夢のまち だけで使えるお金を使っていろいろな体験を楽しむ。

ちびっこうべ

ちびっこうべとは?

「CREATIVE WORKSHOP ちびっこうべ」は、
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)が、
子どもの創造性を育むことを目的として、
2012年から2年に1度、小学3年生から中学3年生までを対象に
開催している体験プログラムです。

ちびっこうべでは、KIITOにあるホールを中心とした約1,500㎡のエリアに、
子どもだけが入ることができる夢のまちが10月にオープンします。
そして、それを目指して、夏休みからプロの技や知識に触れながら、
神戸の子どもたちとクリエイターが一緒になって様々なプログラムを進めていきます。

http://kiito.jp/chibikkobe/about/

「ユメミセプログラム」とは、ちびっこうべのまちの中にオープンする15の食べ物屋さん「ユメミセ」を、子どもたちが、プロから学びながら、考え、つくり、運営していく体験プログラム。

1つのお店をシェフチーム、建築家チーム、デザイナーチームに分かれてプロから学び創り上げていくそうです。

こちらの体験プログラムの募集は終了していますので興味のある方は次回に!

 

この夢のまちへ入れるのはいつ?

2016年は10月9日(土)、10日(日)、15日(土)、16日(日)

2年に1度、4日間だけオープンする、子どもだけの夢のまち「ちびっこうべ」。
仕事をして、買い物をして、イベントに参加して、
まだ見ぬ仲間たちといっしょに遊んで、まちをもっと楽しくしよう!

時間 : 12:30〜17:00(途中入出場可)
場所 : デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

参加費 : 無料
申込み : 不要
対象 : 小学3年生~中学3年生

※まちオープン時の「子どもエリア」には、中学生以下の方のみ入場できます。
※小学3年生以下の方も一部の仕事などに参加できますが、保護者の方は「子どもエリア」には入場できませんので、お子様のみでまちを楽しめる方のみご参加ください。

http://kiito.jp/chibikkobe/machi

この「夢のまち」はこどもしか入れません、大人が入るとちびっこ警察に捕まってしまいます。が、平日は大人もこの「夢のまち」に入れるそうなので気になる方は平日に♪

 

img_3806

娘はまちの景観を創るランドスケープデザイナーを選んだそうです。

そんな「夢のまち」から帰ってきた子どもから色々なお話を聞いてあげてくださいね♪

詳しくはこちらのホームページ、フェイスブックページをご覧ください。

HP   http://kiito.jp/chibikkobe/

FB   https://m.facebook.com/Chibikkobe/

The following two tabs change content below.
子どもは5歳の女の子と2歳になる男の子。時間を見つけてはお菓子作り、パン作り。バースデープランナーを取得したり、日々子育て奮闘中。 BLOG http://fanblogs.jp/happymusicpartyimajin/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ママプロ登録はこちら

ママプロ登録はこちら
ページ上部へ戻る