薬を使わず生理痛を和らぐ方法 最終回

今回で、「薬使わず生理和らげる方法」は、最終回です。

さて、最後の最後にですが、「生理は、何のためにあるんでしょうか?」

そうですよね。つなぐためにですよね。

ご先祖様から繋がる命。

動物の本能「種の保存」

授精して、着床して、命が育つようにと、子宮の中では、子宮内膜(ベッド)が、ふかふかに分厚くなっていきます。

妊娠しなければ、子宮内膜(ベッド)は、はがれ落ち、新しい子宮内膜(ベッド)が作られていきます。

このはがれた子宮内膜が、経血です。

妊娠しなければ、約28日周期で、次の生理がやってきます。

初潮から閉経まで、一生に、約400~500回の生理があります。

毎月、命つなぐために、淡々粛々と、生理と排卵が繰り返されています。

ひたすら、がんばってくれている子宮と卵巣思うと、とっても健気で愛しいです。

身体は、私たちのために生まれてから死ぬまで、一生懸命、がんばってくれています。

繋げるかどうかは、分からないけれど、子宮や卵巣は、命つなぐという役割ひたすら、がんばってくれています。

・最後に、子宮や卵巣に、意識向けてみましょう。

1、おへその下、指3、4本ぐらいの位置に子宮があります。
(おへそと股の間です)

2、そこに、両手重ねて、深呼吸繰り返していきます。

3、呼吸が、ゆったりしてきたら、「ありがとう」と、声かけてみましょう。

こうやって、時々、お腹に手あてて、子宮や卵巣に意識向けて、声かけてあげて下さいね。

自分の子宮や体に意識向けることは、自分大切にすることに繋がっていきます。

子宮や卵巣通して、自分大切にしてあげて下さい。

そうすることで、生理も和らいでいきます。

使わず生理和らぐ方法を読んで下さって、本当に、ありがとうございました。

竹谷 富士子

子宮リズムエステという子宮や女性ホルモンに働きかけるエステを神戸と淡路島でしています。子宮をエステすることで、生理痛や更年期が和らいだり、妊娠しやすい体作りや婦人科系疾患の予防など健康作り、そして、美しさや魅力もアップできます。昨今、女性がどんどん活躍していく時代。そんな中、婦人科系疾患などを伴う方も、増えていらっしゃいます。日々、体と心を整えていくことの大切さも感じています。サイトhttp://ameblo.jp/49rhythm/

関連記事

  1. 子育てママにも人気のインドカフェ、見つけた

  2. スイーツコンシェルジュと楽しむセミナー

  3. 美や健康にとっても大事な“自然と痩せる体”とは

  4. 入学式で華やかになる、万能ヘアスタイル

  5. 第2期ママプロコンテンツリーダーご紹介

  6. 日常生活を華やかにする方法

  7. 砂糖とキレる子とのかかわり。

  8. 東灘区にオープンした託児付サロン「ユルリノハコ」はヨガやよもぎ蒸しや耳つぼなどアロマトリートメントも…

  9. 阪神御影に子育てスペーススタート☆阪神御影ベイビーカフェ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

人気記事







PAGE TOP