記事の詳細

皆様こんにちは。

【オリジナルリボンクリップ専門店KAE】のオーナー兼デザイナー、今中華絵です。

 

10月31日はハロウィンですね。毎年どのようにお過ごしですか?

■お友達で集まり、それぞれの家にお菓子を貰いに行く家庭の子。

■ハロウィンをしていない家庭の子。

色々な過ごし方があるかと思いますが、

今回は、どの家庭でもハロウィンを楽しむアイデアのご紹介です。

DSC_2234

 

【ハロウィンまでの間、おやつの時間はハロウィンのお皿に乗せて】

毎日食べるおやつでも、ハロウィン期間中ハロウィンのお皿に変えるだけで、子供はウキウキします。

いつものオヤツも、ちょっとした工夫で華やかに。

 

 

DSC_2233

 

【10月31日にお菓子を用意する】

いつものオヤツとは別に、ハロウィン用のお菓子を用意しましょう。

■袋に入れるだけでもOK

■ハロウィングッズでラッピングをするのもOK

そしてお子さんに、『trick-or-treat 』(トリック オア トリート)と言われたら渡しましょう。

「あ!お菓子を貰えた!!」それだけで、子供は嬉しくなり喜びますよ。

 

 

【指示を書いた紙を用意し、宝探しで楽しむ】

家庭でハロウィンをする場合、どうやって『trick-or-treat 』(トリック オア トリート)と子供に言って貰おうか?

悩まれたときは、指示を書いた紙を用意しましょう。

お子さんの目に付く所に、紙を置き、見つければスタートです!!

①「ママにトリック オア トリート と言ってみて。良い事があるよ。 カボチャより」

②トリックオアトリートと言われたら・・・次の紙を渡す。その紙には「○○を探してみてね。カボチャより」

③○○を探すと・・・お菓子を発見!!

お菓子を渡す方法を、子供が大好きな「宝探しゲーム」にすると、盛り上がること間違いなしです。

 

【まとめ】

「ハロウィンは仮装をして、誰かの家に行きお菓子を貰うもの」と思い、ハロウィンをしていない家庭も多いのではないでしょうか。

その様な事が出来なくても、家庭内で楽しめれば子供は十分なはずです。

可愛い子供たちに、少しのアイデアで笑顔になる機会を増やしてあげられるといいですね。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
リボンクリップデザイナー今中華絵
オリジナルリボンクリップ専門店KAE(カエ) オーナー/リボンクリップデザイナー/桂由美オートクチュール・フルール 花びらメイキング 認定講師/トキメキに満ちた日々を過ごせる様な、リボンやインテリアのご提案。特許:意匠登録されたKAEオリジナルリボン「可愛らしく品があり、そして華やか」な、日常使いから格式あるホテルでもお使い頂ける、「どの角度から見ても美しいリボン」を製作・販売。/サイト:http://www.kae-ribbon.com

関連記事

コメントは利用できません。

ママプロ登録はこちら

ママプロ登録はこちら
ページ上部へ戻る