子連れニューカレドニア旅行

私の仕事は英語教室経営なので、子供たちとも研修と称してよく海外にいきます。
たいてい英語圏なのですが、子供たちは初のフランス語圏のニューカレドニアへ。

DSCN0294 - コピー

DSCN0376 - コピー

天国に一番近い島 ニューカレドニア旅行

私自身は17年ぶりの天国に一番近い島でしたが、 今回は子供たちと一緒なので、今までとは違うたび。
珍しく海に入って泳いだりシュノーケリングでカクレクマノミみたり、 街中まで遠いのでマウンテンバイクでかけまわったりとactiveな旅を満喫しました。

DSCN0293 - コピー

DSCN0287 - コピー

 

さすがプチパリ。アイスとショコラ そしてバゲットがおいしくて、、、

島国なので、物価がたかくて ケーキも街中で800円程度かつ甘くて大味なんだけど、アイスとショコラ そしてバゲットがおいしくてさすがプチパリでした。
クスミの紅茶にプチバトーにエルメスにと買いものもパリとたのしみました。とはいうものの気候の違いからか到着直後に、次男が上に下に、、、
翌日は母、その翌日には長男が、、私も看病でご飯食べにもでられず、とどめには最後帰る直前になぜか次男がボーイ弟が「ちんちんが痛い!」とおお泣きして救急病院へといったものの フランス語オンリーで四苦八苦。飛行機にもまにあうかどうか、、でしたがなんとかOK。ちょっとでも時間があればやはり病院にくのが安心。これほど全員が体調崩した旅行もないってくらい大変でした。

 

DSCN0292 - コピー

わたしにとって 旅は命の元。

でもそれでもわたしにとって 旅は命の元。
うちの子供たちは順応力があるので ホテルではスタッフは英語がわかるのでハロー、街中では ボンジュール!とお友達もつくったりして やっぱり楽しい旅でした。

子供連れでのフランス料理なんて日本ではあきらめていますがリゾートのホテルなら可能。子供メニューはカジュアルレストランのハンバーガーなどをフレンチレストランにデリバリーしてくれました。

 

DSCN0368 - コピー

 

子供連れのたび 私のポイント

子供連れのたび 私のポイントは

★あたりまえですが旅行保険は必ず入る

私は三井の家族保険に入ります ニューカレドニアとかだと8日間で家族3人 8000円しなかったとおもいます。

★薬、着替えはたっぷりもっていく

いつもはコンドミニアムなので洗濯できるのですがこのたびはホテルだったので手洗いでした。子供のものとてもでないのでまにあわないのでたっぷり、ぼろぼろのもっていって処分するものも。

★わりばしやお皿、もっていける食材はもっていく

今回は半分は夜 看病で外にたべにいけませんでした。(家族の元気な人にはいってもらってましたが)現地でスーパーでラーメン
買ったりしてましたので、わりばしやお皿、もっていける食材はもっていきました。

★カイロが便利を持参

風邪引いたりするし飛行機寒いので使い捨てカイロが便利を持参

★エコバッグはかならず。

私たちの旅の一番の楽しみはスーパーマーケットと、現地のマルシェ。ホテルの人に穴場などきいて必ずいきます。エコバッグはかならず。

DSCN0305 - コピー

DSCN0324 - コピー

旅行記はブログにも書いています。

YukiのSweets Diary
http://blog.livedoor.jp/yukienglish43/archives/cat_50035924.html

スイーツコンシェルジュ 磯貝由起

スイーツコンシェルジュ 磯貝由起

スイーツコンシェルジュ/YUKI英語教室主宰/英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日。書いていくジャンル甘いもの大好きな私の10000店以上の情報ストック中で、関西中心におすすめのSWEETSをご紹介します。子供といけるカフェ情報も。/サイト: http://www.yukienglish.com/

関連記事

  1. FB限定!大丸お得クーポン発見☆

  2. プラチナレーベル ハトムギ化粧水de顔・全身うるおい補給

  3. 増え続けるおもちゃの片づけは?

  4. たったこの二つを意識しただけの生活で変わっていく自分

  5. ユミ式整美体操で女性らしい柔らかさでしなやかなボディラインをつくる

  6. 野外保育 山の家 ぽっち

    長野県富士見町の信州野外保育『森のいえ ぽっち』のご紹介

  7. オシャレなママはみんなこれ⁈レアでオシャレなマタニティマーク

  8. キッズ仮装行列開催 神戸でハロウィンイベント

  9. 12月17日託児あり毛穴フェイシャル✖️サロン雫




最近の記事

人気記事

  1. あすたむらんど冒険の国
  2. 野菜嫌いを克服
  3. ママのオススメ絵本







PAGE TOP