記事の詳細

子宮体がんの初期の腹腔鏡下手術が保険適用になったそうですね。「子宮頸がん検診」は受けたことありますか? 神戸市では、20歳以上で偶数歳の誕生日を迎える女性は、当該年度4月1日~翌年3月31日の間に1回受診できるそうです。

>子宮がんについて

子宮がんは、子宮の出口部分にできる「子宮頸がん」、胎児を収める子宮体部にできる「子宮体がん」に分けられます。このうち、神戸市が実施しているのは、「子宮頸がん検診」で以下、「子宮頸がん検診」について記載しています。子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与しており、近年、20~30代の若い年代で急増しています。(神戸市HPより

>検診方法

子宮が大きくなったり、卵巣がはれたりしていないか、また膣やけい管に異常はないかなどをみる内診と、細胞を取り顕微鏡で調べる細胞診を行います。(神戸市HPより

>子宮頸がん検診指定医療機関
>がん検診指定医療機関(参考)

The following two tabs change content below.
ママプロラボ編集部
「子育てに理解ある街づくり 神戸のママを笑顔に」と活動している神戸ベイビーカフェ。地域で活躍するママプロデューサーさん、地元企業さまと一緒にママが安心して子育てもウーマンライフも楽しめる街づくり目指しています。神戸の情報、ママに楽しい情報お待ちしています♪

関連記事

コメントは利用できません。